2018年のオフィス内装の設計傾向

プロフェッショナルオフィス内装のおかげで、気楽かつ活発なスペースをもたらし、美学を確保することが企業の普通意欲です。

傾向1:オープンオフィス

オープンスペース設計は多くの顧客が人気がある傾向です。オープンスペースは活発・想像能力を必要とする分野をはじめ、個人間の打ち合わせ・コミュニケーション及びチームワークなどが要るオフィス環境に対しては非常に相応しいです。

オープンスペースの設計は個人が社交的になり、コミュニケーションを促進するようになります。

この設計には区域を区分する障子を減るため、使用できる面積が増えるだけではなく、設計コスト、障子コストをを削減するようになります。

傾向2:グリーンエネルギー

これは多くの利益をもたらすので、現在の人気がある現代的なオフィス設計傾向の一つです。研究を踏まえ、色の使用が作業効率及び企業の美学によく影響するのに気付くことができます。

気楽なスペースで作業すれば、社員の作業精神及び集中能力を加増できるようになると言われています。

傾向3:楽しい設計

現在、多くの企業は楽しいオフィス設計を選択しています。代表として、グーグルを挙げられます。海辺における小屋、公共の電話局、バスなどの人目を引く設計です。

傾向4:多目的スペース

多目的スペース設計がプレゼンテーションルームからダイニングおよびリセスエリアまで、あらゆるすべての部屋に適用できます。

あなたは簡単に4~6人の楕円形のデスクを見ることができます。同時に、抜き打ち会議のために、早めにスペースが変更する可能性がある。

このようなスペースは柔軟性を重視します。これは伝統的なオフィスより優れる内装傾向だと言われています。この設計は作業ニーズを、位置・機能の変更可能性があリ、柔軟でお互いに結合できる製品を重視します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Call Tấm tiêu âm Nẹp trang trí đẹp Báo giá nội thất